この度の北海道胆振東部地震と北海道とかちサイクルフェスタ2018につきまして

はじめに、この度の北海道胆振東部地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。
弊社スタッフ一同、一日も早い復興を心よりお祈りしております。

大地震直後の今は、安否確認と並行して、とにかくライフラインの整備に全力を上げられていて、電力会社や自衛隊,消防隊をはじめ沢山の方々が不眠不休の活動をされていることと思います。
北海道民の方々も徐々に気力体力ともに疲労が蓄積してくる頃だと思いますので、一日も早く皆様の日常が戻ることを心から願っております。

過去に2つの大きな震災を体験した私は、経験上、これから北海道が落ち着きを取り戻してきた時に、少し距離の離れた所にいる人間には、これから被災地の為に出来ることが沢山あるのではないかと思います。
中でも、過去の震災後に私が強く思ったのは、とにかく被災地に足を運んで欲しい、ということでした。
東日本の際には、原発の影響もあり、なかなかそれすらも適わない状況でしたが、北海道はまた状況が異なります。

電力や物流などのインフラが安定すれば、次に経済活動です。
これだけ国内で立て続けに様々な災害が続くと、前の災害が人々の記憶からどんどん忘れられてしまうのではないかという懸念がありますが、人々が日本各地の被災地を忘れずに、心のすみにずっと気にかけてほしいと願います。そして、観光でもビジネスでも構わないのでとにかく訪れる人が増えることが、復興に向けての大切な事ではないかと思います。長い道のりになりますが。

9月15日&16日、北海道とかちサイクルフェスタ2018が開催されます。
地震の影響の残る中、スタッフの方々は予定通りの開催に向けて現在準備されております。
もちろん、安全面やその他様々な影響を考慮した上での判断になろうかと思いますが、
このイベントには、Velobici Japanとして私達も、特別協賛させて頂いております。

実行委員の高橋さんのお話では、このイベントは2年前の十勝川の氾濫による災害復興を確認するサイクリングツアー、という意味もあるそうです。
私は今後、さらにこのイベントは特別な意味を持ってくるように感じます。
私達Velobici Japanとしては、次回もその次も継続して、全面的に協力させて頂ければと考えております。
そして私達はこれからも少しでも、自転車を通じて多くの方々が北海道に足を運んでもらえるよう、応援して参りたいと思います。

北海道とかちサイクルフェスタ2018公式HP

北海道とかちサイクルフェスタ2018(FB)